本格的に導入のことを考えるならシミュレーションしよう

HOME > 回収期間のことも考える

回収期間のことも考える

情報を集めて具体的に考えてみる

東芝の太陽光発電を購入して、家の屋根を利用して発電をしようと思ったなら、工事に関する情報を集めましょう。最近ではインターネットを使って簡単に情報が集まるので便利です。導入した人の体験談なども参照できますが、具体的に想像することが大事です。

難しい情報が多いので困ってしまう

どこのメーカーの太陽光パネルを選べば良いのか調べるとき、専門的な本やメーカーのホームページを見たとしても専門用語が多すぎて分からなくなってしまいます。こんなときは販売店のスタッフに相談しましょう。

ポイントを押さえて情報はチェックする

ちゃんと自分で太陽光パネル設置について勉強したいなら、ポイントを押さえましょう。太陽電池の種類や発電効率などを中心に複数の会社と比較すると良いです。加えて、導入後のメンテナンスも気になるところです。

実は気温も多少発電量に関係してくる

気温が高いとなぜか発電量も多くなるのではないかと考えている人もいますが、実はあまり関係ありません。気温の高さは日照時間とは関連性がないからです。しかし、25℃以上になると発電効率が悪くなります。

パネル

設置費用の回収期間も考えて設置するコツ

メーカーの動向をチェックして選ぶ

太陽光発電の設置費用は高額ですが、1990年代にはその費用が回収されるためには20年待たなければならないという状況がありました。そのため設置を渋る人も多かったのです。

しかし東芝を始めとしてメーカーは精度の高い太陽光パネルを開発してきました。また、回収にかかる期間が飛躍的に短くなっています。

屋根の向きも十分に考えて設置する

家の中で発電できる太陽光発電システムということで注目されているシステムではありますが、屋根に設置すれば良いというものでもないのです。

パネルを設置する屋根は十分に考える必要があります。地域差によっても日照時間が変わってきますので、地元で営業している業者に相談して設置するようにしましょう。

新築なら太陽光パネルの形式にも注目

大体の建築物に設置されている太陽光発電パネルは、据え置き型だといわれています。新築なら屋根材に一体型になっているパネルの設置を検討する方もいますが、じっくり考えましょう。

確かに屋根材一体型だと見た目が良くなりますが、気温が高い地域だと熱を持ちやすくなり、発電力が落ちるかもしれません。

複数の販売店で見積もりを取ろう

いろいろ比較して東芝が作っている製品を使って太陽光発電システムを導入しようと決めたら、次は販売店の見積もりを取りましょう。同じシステムの導入でも多少変わってくる可能性があります。

販売店がホームページで表示している値段だけだと、実際の値段が分かりませんので、見積もりは現地調査も重要です。

一番心配な費用のこと【あくまでも平均】

一番心配な費用のこと【あくまでも平均】

以前よりも太陽光発電システムが利用しやすい値段になっていることは、少し発電のことについて調べたことがある人は知っているでしょう。これは国の動向が関係しています。

二酸化炭素排出量の削減を目指すためには、火力発電以外の発電方法を編み出さなければいけません。その変わりとして注目されているのが太陽光発電なのです。そのため、国は補助金を出して国民に太陽光発電の普及をしようとしています。そういった事情もあり設備の値段や設置費用が安くなっているのです。補助金の対象金額が下がってくると、メーカーは補助金を受けるために設備を安くします。そういった事情で設備が安くなるのです。しかし長い目でみるとその補助金がずっと続くとは限らないので、将来的にはまた値段も変動するでしょう。

時代やメーカーによって販売額が変わってくるのですから、総額が販売店によって違うのは当然です。一戸一戸の家でも対応が違ってくることを覚えておきましょう。基本的には相場は250万円前後になりますが、あくまでも目安としておくと良いです。

良い業者をこうやって見分けた!実際の声

契約をこちらのペースに合わせてくれた

訪問販売は基本的には対応しないのですが、あるセールスマンは話を聞いてくれて、考える時間をくれたので契約しました。実際のデータも参照してくれたので、安心感があったんですよね。こういう人なら信頼できます。

受注件数を見れば施工業者の腕が分かる

メーカー保証も受けたいししっかり設置を行なってほしかったこともあり、私は太陽光パネルを設置するとき施工業者を調べました。年間の受注件数が多いところを中心に調べて選んだためきれいな設置が実現できました。